司法書士試験で初めて法律を学ぶ人の勉強法

司法書士試験で初めて法律を学ぶ人の勉強法

司法書士は国家資格であり、合格率3%という狭き門を潜り抜けなければ手にすることが出来ない資格ですが、毎年多くの人が受験する人気の資格でもあります。
しかし司法書士の資格を取得したいと思っても、法律の勉強をしたこともない、仕事や学業が他にあり資格取得のための勉強時間をたくさん取ることができないと悩んでいる人もいるでしょう。
知識が全く無いゼロから勉強を始めようと考えている人は、まず大まかに法律がどのような役割をしているのか、私たちの暮らしとどう関わっているのか、その存在意義について触れるところから入ってみましょう。
最初から試験の勉強をしたいとテキストに向かってみても、総論を抑えておかないと勉強も続きません。
一般教養的な法律に関する本や、総論も学べるテキストで法律とは何の為にあるのか知っておくと良いでしょう。
予備校に通って試験勉強に集中するという環境でなければ、合格まで数年単位の時間がかかることを覚悟して基礎からしっかり積み上げていくことが大切になります。

東京で人材ビジネスサポート

最新投稿

  • 法律系資格・司法書士試験は時間管理が大切

    司法書士試験を受験しようと思った時に、試験本番まであとどれくらいの時間が残されているかによって勉強法 …

    続きを読む...

  • 法律の知識が必要な司法書士試験の勉強は質を高めて

    司法書士試験に合格するための勉強時間に3000時間などといった目安時間が記されていることがあります。 …

    続きを読む...

  • 苦手をそのままにしない法律系資格・司法書士試験対策

    合格率わずか3%、11種類にも及ぶ科目の数に法律に関する膨大な知識を必要とされる司法書士試験はその難 …

    続きを読む...