苦手をそのままにしない法律系資格・司法書士試験対策

苦手をそのままにしない法律系資格・司法書士試験対策

合格率わずか3%、11種類にも及ぶ科目の数に法律に関する膨大な知識を必要とされる司法書士試験はその難易度の高さもさることながら、非常に人気の高い資格です。
何回もチャレンジをしてようやく資格を手にしたという人も少なくありません。
どんな分野でも、勉強をしているうちに苦手と感じるものが少なからず出てきます。
どれだけテキストや条例を読み返しても過去問を解き直しても理解ができない、ぼんやりしたままで説明ができないといった箇所があっても、司法書士試験では、多くの場合そのまま見なかったフリをしてやりすごすのは禁物です。
法律の正確な理解が必要なため、どうしても点数が伸びない苦手分野というのは逆に考えれば、そこを乗り越えたら点数アップが見込めるという箇所でもあるのです。
苦手な分野を避けないためにも、通勤時間や昼休みなどの空いた時間を利用してこまめにテキストを読み返しましょう。
範囲を決めてコピーしておいて、いつでも持ち歩けるようにしておくと便利です。